【北海道中央バス】札幌200か3766

札幌200か3766(北海道中央バス余市営業所  2014年式  三菱ふそうエアロスター/QKG-MP35FP)

2014年9月27日  新琴似駅通  Photo:East愛-D

2014年9月27日  地下鉄麻生駅  Photo:East愛-D

2014年8月に導入した車両で、新製当初は石狩営業所に所属していた。

2014年にエアロスターがモデルチェンジされ、ワンステップ車が5台が導入された。新型エアロスターのワンステップ車は北海道中央バスが全国初である。

5台中3台は三方車QKG-MP35FM(札幌200か3762・3763・3764)で、2台は中ロマ車QKG-MP35FP(札幌200か3765・3766)である。そして中ロマ車の新製投入は2005年の札幌200か1506・1507・1530・1531以来9年ぶりである。

石狩での無線番号は189で、また40コマ運賃表を搭載しており、厚田方面の長距離運用に入る時もあった。

2016年1月、無線番号を新型ブルーリボン・札幌200か4228へ引き渡し、余市営業所へ転属となった。余市では同型車の3765も在籍している。

※写真は石狩所属の時に撮影している。